人気ブログランキングへ みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

23:22
#詩 #心 #秋田 #田沢湖 「瑠里よ、田沢湖よ」 君は何故に そんなにまでも 青よりも 瑠璃に染まる 底知れぬ 妖艶なる 女のように いつ見ても 変わらぬ 田沢湖よ 山々を抱いて 映すがいい 未果てぬ夢を 追いかける 女の… https://t.co/f3qJDk9xju
23:34
#詩 #心 #秋田 #故郷 「故郷は黙して」 誰に 言われることなく 山々は 秋に染まりて 心の古傷を 癒してゆく 故郷は ここにあり ただ 黙して 心の耳を 心の眼を 向ければいい 故郷は 拒まず 両手を広げて 向かい入れ… https://t.co/WXfAMyHj20

19:47
#詩 #心 #出来 「ここまで、来たよ」 出来の悪いのは 君ばかりじゃないさ 僕も 叱られ 耐えて ここまで来たんだよ 我慢して 汗して 骨身を削って ここまで来たよ まだまだ 先は遠いよ 来んなところで 地に 這いつくばり… https://t.co/fIZlHEWlXf

19:30
#詩 #心 #嘘 #花 「嘘の花」 嘘をつくと 心の中に 黒い花が 咲いてゆく それは 白くならず 枯れもせず ずっと その姿を さらしてゆく 嘘はつくまいと 心に思うても ついてしまう 黒い花の刺が 胸を刺してゆく https://t.co/CQBGAuy7kj
19:36
#詩 #心 #偽り 「偽りの中で」 偽りの その中で 君はもがき 喘いで 見果てぬ 天空を眺める 天空に 手を伸ばせば 天空は黙し 君を仰視する 偽りの世界に 生きるなら 誠を求め 生るのもいい 嘘偽りのない 真の姿で https://t.co/WblgPsbMwK

21:14
#詩 #心 #時 「時が頬笑むなら」 時が 頬笑むのなら 僕は その時の中へと 躊躇もせずに 入ってゆきたい 絡み合った 時空の壁を越え 過去も未来も 行ってみたい 真実とは いかなるものか 知るのも 知らざるも また一興 https://t.co/9nxMbhOUGo
21:24
#詩 #心 #時 「時とは」 時とは 冷酷な如く 冷静沈着な 門番のように 仕事を 粛々とこなしてゆく 門番に 逆らう事は 何人であろうとも 出来ず 不老不死は 夢の如く 時は 忘れること等無く 早い事も無く 今この時を 刻… https://t.co/2mPnsfbekp

19:09
#詩 #心 #時 「時の太河の中で」 僕を笑おうと 君も僕も 刻々と流れ行く 時の太河の中で 老いてゆく 逆らう事は 出来もせず ただ無念の 老いの二文字が よぎる 時よ 我は迷わずに あなたに与えられし 時の中で あなたに… https://t.co/xZwwZlPU3B

19:02
#詩 #心 #故郷 「故郷は何も語らず」 きぜわしなく 一瞬たりとも 止まることを 知らぬ 君らには 僕の故郷は 止まっているように 思えるのだろう 何も飾らなく お世辞を言う訳も無く ただ故郷は いつものように そこにあっ… https://t.co/mxAVyLmyyi
19:11
#詩 #心 #故郷 #秋 「故郷は、秋色に」 秋が 来たならば もうじき 閉ざされる 真白き 冬が来る それが 定めと 知りつつ 秋の日を 謳歌する 故郷の山々は 日に日に 燃え出でて 絵にも描けぬ https://t.co/cNr5PFUuSP
20:59
#詩 #心 #人生 「陽光の如く」 言い訳は しまい 後ろは 見ない ありふれた 人生だけれど これが与えられた 物だと思い 力の限り進む また 陽が昇る 陽光に 向かい 歩もうか https://t.co/mncYYZgZmJ

19:55
#詩 #心 #眼 「心の眼(まなこ)」 その眼に 見えし物が 正しいと 君は言うけれど 僕は思わない 眼に映る それよりも 真実は 心の中に映る 心の眼よ 見開け 人の口に 惑わせるな 世襲や因習に 屈するな その眼は 明日… https://t.co/TSgPRcKfgm
20:23
#詩 #心 #言葉 「父や母の言葉」 偉い人の 言葉には さらさら 及びはしないけれど 幼き頃よりの 聞き慣れし 父や母の 言葉が思い出される その 言葉の節々は 暖かく 優しく 僕を 包んでくれる https://t.co/BR2yIjcRhE

19:48
#詩 #心 #わかる 「僕には、わかる」 何も語らなくても 何もしなくても 僕にはわかる 風が秋色に 空がやけに 青くなっても 僕にはわかる 心が通じているんだよ 心かかよう 素敵なことなんだよ https://t.co/9oxnbuoBBo
19:52
#詩 #心 #風 「風になろうか」 僕は 風になろう 鬱積した 澱み達を 吐き出して 空高く その中を 駆け抜ける 駿馬の様に 風になればいい 秋は そこにある あっけらかんとして そこにいる 見ている https://t.co/c990W8tc0g
22:24
#詩 #心 #空 #青 「頑なな心よ、ほどけて」 頑なな心が ほどけていくように 空は青より青くなる 汗も涙も 君が青くなれば 僕も変わる 嘘みたいに ぽっかりと 浮かんでいる 雲に問い掛けてみたい https://t.co/cWaEUC3R3J

18:51
#詩 #心 #秋 #紅葉 「錦の中へ」 下らぬ事は 幾らでも 語れるが 今見ている 錦の彩りは 一生に一度しか 無いのかもしれぬ ほら見てごらん ほら感じてごらん 木々が 命をば 燃やして 声にならぬ 声で語り掛けている https://t.co/G6sk535tS5

19:41
#詩 #心 #秋 「陽光に溶けこんで」 秋の沈みゆく 陽光が きらきらと 色を変え行く時 僕は この光りになる 何も 語らず 何も 欲せず 天を仰ぐ ただ ふありと 風が靡いたら ススキが躍る https://t.co/mSoyGnz95C
19:50
#詩 #心 #秋 「秋は、何処から」 秋は 何処より 出る 秋は知らず 知らず間に 心に 染み入って 心の襞を 染めていく 物静かに 静かに 時は流れ 山も僕も 燃えてゆく https://t.co/ERyHCxUHGQ