人気ブログランキングへ 旅日記 | みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2017/03


旅の感動、ときめき、ちょっとの 好奇心 ここから旅へ

JTB旅のバーチャル専門店のサイトをチェック!


ブログランキング
ご声援有り難う御座います、あなたの一票、ぽち御願いします。






見つけた良い場所へと、車を止めた。

外へ降りたい衝動で、一杯だった。

ドアをおもむろに開け、足を思い切り地面へと着けてみた。

地に付けた足の感触が、たまらなく良かった。

「ふうー。」

外の新鮮な空気を腹一杯に、吸い込んでみた。

腹の中まで、満たされたような感じだった。

車の中の空気と違い、とても新鮮に感じられる。

脳細胞にも、良い酸素が行き渡ったのだろうかと、思った。

「"みみちゃん"行ってくるからね。」

「ちょっとの間、我慢だよ。」

みみに、そう言って、みんなで建物の方へと歩いた。

ここで、トイレタイムにしないと、後々大変なことになることは必定である。

もし、渋滞などに巻き込まれたら、と思うとぞっとする。

私も、以前"トイレ地獄"に陥ったことがある。

トイレに行けば良かったと自分を責め、後悔したが、

もうどうにもならない。

どうにかこうにか、この場は我慢して、九死に一生を得た事があった。

冷や汗ものの惨事であった。

ほんとに、トイレかと軽く思うと、大変なことになるわけである。

それ以来、するべき所ではするようにしている。

トイレも終わり、みんなで車の方へと歩いた。

"みみ"もここで、トイレタイムである。

私達同様、みみもトイレである。

こちらのかの"彼女"は、口をきけないのだから私達が、

察してあげ無ければならない。

至極当然なのだが、私達の都合で忘れるときがある。

そんなときに限って、そそうをしてしまうのである。

でも、怒っては行けないのである。

私達が、いけないからである。




このお話が、気に入ってくれたら、ポチっと押していただけると励みになり、凄く嬉しいです。
こちらは、小説用ランキングです。
ブログランキング



このお話が気に入ってくれたら、ポチっと押していただけると励みになり、凄く嬉しいです。
こちらは、旅用ランキングです。
ブログランキング

人気blogランキングへ


このお話が気に入ってくれたら、ポチっと押していただけると励みになります
にほんブログ村 小説ブログへ


日本の町、あなたの知らない 旅が待っている日本旅行バーチャルトラベルカウンター



やばい、しまった!とならぬよう旅へ出かける前の準備は、イエローハットからしようね。




ブログ検索エンジン