人気ブログランキングへ 十六羅漢への旅 1 | みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

JUGEMテーマ:旅行




本当に、すがすがしい、日曜の朝方である。

「行くよ。」

私が、みんなに、問いかけた。

みんなというのは、言うまでも無くて 家族である。

家族といえば、父と母 そして「みみちゃん」なのである。






いわゆる、「ラーメンメンバー」である。

一体私達が、今何処へ行くのかと言えば、「ラーメン屋さん」なのである。

ラーメン店の名前は「十六羅漢サンセット」というところなのである。

私達一同が、好むラーメンがある場所は、秋田県境から、山形県へ入り

少し走った 先に所にある。

山形県と言っても、広いけれど、私たちが今このラーメンドライブで

行こうとしているのは内陸部ではない、沿岸部である。

内陸ではない、山形県庄内地域である。

私の住む家は、秋田県秋田市であり、この地へ行くまで80勸未

ゆうにかかるのである。

されど、真っ直ぐ休まないで行くわけでもない。

丁度良い 頃合をと 休み場所得て休むこととしている。

この頃良く利用しているところは、秋田県象潟蚶満寺付近のローソンである。

実際、どの位距離がある物かと車のトリップメーターで計測したら、

そのくらいの数字が出た。

これには、いささか、驚いた。

何をそんなに、偉い遠くまで行くのと、言う御仁もおられよう思うはずであ

る。

それは、そうであるが、"旨い"ので行くと言うだけのことなのである。

"旨い物"には、目がないとでも言おうか。

なんと言う、物なのか。

いわゆる「食馬鹿」なのだろうが、この世の中馬鹿がいないと、利口も

いないと言う理屈である。

このラーメン店へ行くことは、前日の晩にはもうすでに決まっていたことで

ある。

「明日、ラーメン食べに行くよ。」

と私が、夕食の食卓に並んで、気軽に言うと二つ返事で、

「ああ、行くよ。」

「あそこのラーメン美味しいからね。」

「行こう。」

と言う、案配ですぐ決まってしまうのである。

それは、気心の知れた親子なのだと思う。

そして、皆このラーメンには骨の髄まで「トリコ」なのである。

この地へ行くためには、それなりの時間も支度もある。

支度というのは、我が家のお嬢様(みみ)の持ち物なのである。

まずは、水、敷物、おやつの類、等であるが、夏場になってくると気温も上昇し
このお嬢さんには、堪える季節となる。

それを考慮し、色々と持って行かなければならない。

この地までは、約2時間位はかかるのである。

でも、いつもノンストップで行くと言うことはないのだから。

でも、あの味を味わったら、2時間くらい何のそので行く気になってくる。

ちょいとした、海沿いの遠乗りドライブも兼ねている格好である。

ラーメンメンバー」と言っても、みみは店内へは、入られない。

車の中で、「お留守番兼番犬」という、案配になる。

これは、いた仕方がないことである。

まあ、そう言うことも有って、皆、車へと乗車しいざ、十六羅漢ヘと言う事になった。



この記事に、書いてある十六羅漢サンセットの事を詳しく記した、僕のブログへ・・素敵なこの時を・・・


みみと一緒の旅行記 by BlogPeople




">ランキングへ参加しています。皆様のポチひとつで、創作意欲がまします。(*^。^*)
御願い致します。(・_・)(._.)
にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へブログランキング人気Webランキング

☆僕は詩も書いています。よろしかったらこちらの方もご覧下さい。
気分いろいろときめいて
いつも心に太陽を

スポンサーサイト

  • 07:45
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment









trackback