人気ブログランキングへ 十六羅漢へ旅 みみ回想19 | みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

このUの字に、なっていそうな地形の道路を走り抜けている。

下り坂だから、当たり前なんだけど結構におもしろい程に、スピード

が乗り付いてくる。

おもしろい程に、スピードが増す。

風が、流れて僕の車とひとつになって飛ぶような、そんな感じがした。

スピードメーターの針は、軽く右へ傾いて戻りたくないような素振りを見せた。

この先は、登坂だからスピードは出していた方は、楽に坂は上がれ

そうだけど。

豆粒みたいな、僕の軽自動車が""地の底""の""地獄""の中へ落

ち込んでいくように思えた。

何の苦もなく、3気筒のエンジン音は心持ち滑らかである。

僕は、この車を単なる機械とは思えないような気が時折する。

僕と、この車に乗せた人達をある地点まで運ぶ道具と言えばそうな

のだが、息をしている生き物のように思えてならない。

そして、僕と乗り合わせた人のドラマがそこにある。

あの日、あの時、君(車)は、僕を乗せて走り続けた。

笑い顔、明るい話が、そこにある。

地の底へ落ちそうかなと思った瞬間、今度は昇りはじめる事となる。

悲鳴とは行かないまでも、いくらかエンジンには負担となっている

のだろけど、ここで右足にも力が入っていくのがわかった。

右足の先は、アクセルペダルである。

踏み込んだ。

地の底へ吸いこまれそうになる力を振り切って。

地球の引力と、相反する行為なのだろうけど
愛車にて、みみちゃん

JUGEMテーマ:旅行


十六羅漢への旅 最初のページヘgo


;ランキングへ参加しています。皆様のポチひとつで、創作意欲がまします。(*^。^*)
御願い致します。(・_・)(._.)
にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へブログランキング


この他にも、詩を書いてます。
良かったらご覧ください。


気分いろいろときめいて

いつも心に太陽を





スポンサーサイト

  • 19:55
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment