人気ブログランキングへ 十六羅漢へ旅 みみ回想22 | みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

まるで、曲がりがねのように90°位に曲がっている道をこなした。

曲がりがねという道具は、大工さんなどが直角を見るための道具であるが。

そのくらい、このカーブが90°近いのである。

この90°カーブを曲がりきると、幾分狭くなり、坂道になる。

大型のトラックなどが反対方向から来るならば、

僕の乗っているような小さき軽自動車などに乗って

いる物にとっとは、驚異だろうし

肝を冷やしかねないだろう。

幸い、車などは何も来なく、これは日頃の行いが良いかもと思い、.

ほっとした。

この狭き道を過ぎ去ると、例の"水汲み場"が、右手に見えるのである。

雄物川は、左側へ大きな肢体を広げて悠々とこちらを見ているのである。

「いないねぇー。」

僕が、隣に座っている父へ言った。

「今は、近隣のスーパーにも無料の電子イオン水なんかあるからな。」

「こんな遠いところまで、来なくなったかもな。」

「そりゃーそうかも。」

なる程、こんな遠くまで、ただ、水汲みのため来る人は、結構な物好きなりである。

確かに、自然水だから美味しいだろう。

僕達の身体の大部分は、水だから大切な物なのだろう。

喉の渇いた時、本当に欲しい物はジュースなどではなく冷たい、水であって僕は好む。

良く自販機などで、ジュースを買い求め呑むが、甘い。

甘い物は、また喉が渇く感じがしてならない。

冷たい、水美味しく思えてきた。
JUGEMテーマ:旅行


ランキングへ参加しています。皆様のポチひとつで、創作意欲がまします。(*^。^*)
御願い致します。(・_・)(._.)
にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へブログランキング

☆僕は詩も書いています。よろしかったらこちらの方もご覧下さい。
気分いろいろときめいて
いつも心に太陽を








ヤッタネ♪(≧∇≦)b
今月ココデ8万円GET


スポンサーサイト

  • 20:27
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment