人気ブログランキングへ あれから、みみちゃん2 | みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2019/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 
JUGEMテーマ:日記・一般




僕は、父も 母も何の気なしに、みみちゃんを 知らず知らず、

みみちゃんを子供のように思っていたのかも知れない。

みみも、実のところ、そう思っていたのかも知れない。

僕達も反省すべき事はあったのかも知れない。

犬ではなく、子供のように育ててしまったから。






元気な頃のみみちゃん 輝いた瞳で いつも見ていたよ

ここは、僕のいるパソコン部屋




あれから、本当に涼しくなって、真夏の盛りはぷっつりと糸を切ったように

切れて、葉は燃える、秋へと季節は巡っていった。

みみちゃんのお墓は、畑の隅の姫林檎の木と柿の木の間にぽつんとある。

それは、さりげなくて わからないくらいにぽつんとある。

小さかった みみちゃんの お墓にしては相当のだと思う。

生前僕の思うには、この場所へはみみちゃんは来たことはないと思う。

畑の近くには、物乾し場があって、家に来た頃は、みみちゃんは 毛がもしゃもしゃしていて

とても大変な有様だった。

このもの乾し場に繋がれていたことを 僕は思いだした。

頭は、東を向いて寝ている。

木々があって、木陰がある。

涼しく ねんねしていることだろう。

僕の家の近くには、市立の小学校があって、朗らかな子供達の声がそこか

しこから、聞こえてくる。

みみちゃんは、家に来た頃は子供がとても恐くて、近寄りよりもしなかった

物だった。

本当に、びっくりするくらいに怖がっていた物だった。

それがどうしてなのか、未だにわからない。

でも、何か恐かったことはそうなのだろう。

そんなみみちゃんも 虹の橋を渡ってしまった。

今は、何も出来なくなった。

あのみみちゃんへの道具も 主を亡くして家のそこかしこに散らばっている。



いつもつかっていた、消毒マキロン




みみそうじの 綿棒




一番 すきだった 安物のハスキーのぬいぐるみ

凄く遊んだよね




大抵の物は、捨てたけれど大きな物は捨てずにある

どれもこれも、みんな耳との思い出ばかりで、とても捨ててしまうわけにはいかなかった。








さくらさんミンクちゃん


僕のお友達さんです

でこちゃんとミンクちゃんです

いつも、あたたかい 気持ちで接してくれる 優しい友達さんです

本当は、みみちゃんに 逢わせてあげたかった。

みなさん 遊びに行ってね


ペットを飼う人へ




可愛く飼った ペットは最期まで面倒を見てやりましょう。

ペットは、口はきけません。

ペットは、あなたを信じて生きています。

家のみみちゃんは、山野へ捨てられて 何日も辛い思いをしました。

家で、飼われたペットは ひとりでは生きて行かれません。

死ねと言うことより、辛いことです。

家の みみちゃんは 生涯そのことを気にして、僕達の車から離れませんでした。

こんな、可愛いペットへ辛い思いは させないでください。

みみと一緒の旅行記 by BlogPeople







ランキングへ参加しています。皆様のポチひとつで、創作意欲がまします。(*^。^*)
御願い致します。(・_・)(._.)
にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へブログランキング


この他にも、詩を書いてます。
良かったらご覧ください。

気分いろいろときめいて

いつも心に太陽を


スポンサーサイト

  • 15:02
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment