人気ブログランキングへ みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

09:57
#詩 #心#雨 「雨の一滴」 雨の一滴は 心の茨を 治癒するように 流れゆく 何も聞こえない 雨粒の語りしか 遠い記憶の欠片を セピア色に変えて 雨は降りしきる 草が揺れ 葉脈の上を雨粒が 滑るように 流れた https://t.co/ugJgRp9wls
18:39
#詩 #心 #桜 「桜花の気持ち」 僕は貴方達に 一目おかれ うやうやしく思われる それが時には 鬱積しくて 名も知れない 雑木になりたい 季節が来れば 花を咲かせることが 僕の定めなんだと 覚悟して また今年も 花を咲かせる https://t.co/xYtMJexy6G
21:11
RT @kumikoS11: アメブロを更新しました。 『新しい自分』 #新しい自分 #手放し https://t.co/SUM1KFnynR

12:57
#詩 #心 #明日 「明日への一歩」 グチグチと 小言を言っても グダグダと 愚痴を並べても 明日へ向かうためには 歩かねばならぬ 小さき その一歩でも 踏み出せば それは 明日へと 繋がる架け橋になる https://t.co/EXcCDjKC60
13:16
#詩 #心 「自分の背中」 月の裏側も 彼方の地も 知っていると 自慢げに君は 薄笑いをするけれど 自らの背中は 近くにあっても 見るにも見られない 月より遠いもの それは切ないくらいに 虚しい https://t.co/L8BNZvPaJW
18:17
#詩 #心 #黄砂 「浪漫よ 一粒の黄砂に」 遥かなる 彼の地より 舞い来る黄砂よ それは 異国の浪漫を 届け来る 飄々と流れる 時の中を旅する 来訪者よ それは 一粒の 小さきものなれど 僕に浪漫を運び来る https://t.co/ZK9Bihp5VX

13:29
#詩 #心 「心の目」 何不自由無く 両目が見えていても 見えない物がある 心の目よ 心の目は 何処にある 閉じかけずに 開いてくれ ふつふつと 湧き上がる 想いを 情念をば https://t.co/CRKV2YZX8b

10:09
#詩 #心 #南海 「南の島へ・貝の唄」 小さき貝に 想いを馳せ 耳に当てれば 波間に遠き島の 夢がする 貝は語る 南の島へと 椰子がなびき 南十字星の騒ぐ その島へ 僕は遥かなる渚を 水平線を見つめ 貝も故郷を思う 夕陽は… https://t.co/y4yl6icD1M
11:46
RT @kumikoS11: アメブロを更新しました。 『逞しさ』 #負の感情 #たくましく https://t.co/jglLHOVrqj
22:24
#詩 #心 #砂漠 「砂の海 幻夢」 砂の大海よ この手に握りし 一握の砂よ それは さらさらと こぼれ落ち 髪は乱るる 流砂は 風に舞う さらさらと 夢の如く きらきらと 幻の煌きを 紅の夕陽の中で 在りし日の 幻夢をば… https://t.co/Oz4f8QAR4o

12:53
#詩 #心 #自由 「自由と言う冊」 自由とは 降りかかるしがかみも 身を拘束されること無く のびのびと奔放に 生きていく事 自由とは ひとりならいざ知らず 皆々寄り添えば 自由と言う 新たな冊を作り その中で安穏とし 冊の… https://t.co/ZjJ9IWPjNx

14:00
#詩 #心 #比べ 「比べられて」 生まれてきた その時から 君も僕も 事あることに 比べられ 甲乙つけられる それは生きている 証かもしれない 人は人よと 何処吹く風に 我が道を 正々堂々 と歩いて行きたい https://t.co/qIHcLRk4ci
22:41
RT @kumikoS11: アメブロを更新しました。 『成し遂げる』 #生きがい #潔く https://t.co/XJTkPYmmc4

12:39
#詩 #心 「飄々として」 力まず 顔を変えず 与えられた 仕事や物事を 飄々と こなしている あの人ようになりたい https://t.co/RIWYL75yIY

09:23
RT @kumikoS11: アメブロを更新しました。 『休息を・・・』 #競争心 #悪ふざけ https://t.co/3mybgU9pYp
09:38
#詩 #心 「命のある限り」 誰しもが あのゴールへ 行くのだけれど それはいつなのか 誰にもわからぬ 泣いて笑って 痛み苦しんで また歩む 命のある限り 明日へと歩む https://t.co/WccOwaxRBi
09:54
#詩 #心 #空 「無のように 空のように」 ここは 積もり積もった 世俗の垢を がんじがらめの しがらみの冊から 解放される ここは 何も無い 野暮な物等 何もいらぬ それが一番の 贅沢な事 何も無いから そこに想いを馳せ… https://t.co/WKl5LN7nMN
13:00
#詩 #心 #水 「命の水」 灼熱極まる 砂漠の只中に いるならば たった一杯の ぬるま湯にさえ 有難さを感じる 一杯の水は 一滴の水は 尊き命の なのかもしれない いつも 当たり前のように 気にせず 喉を潤す水は 命の水な… https://t.co/CEUd0MSNNx
15:46
ご訪問ありがとうございます。 故郷の 野の花に 心惹かれ ふと 我が身を 野の花に 感じてみる 詩は心のもの 誰のものでもなくて 温かい そんなもの ありがとう 読んでくれて https://t.co/FYHV6HIkSe

13:57
#詩 #心 #眼 「心の眼(まなこ)」 両の眼(まなこ)を 見開いて 見てごらん 漠然と眼(まなこ)を 見開いても さらさら 見えぬものがある 心の眼(まなこ)は 何処にか それは 心のそこにある 真の姿をば 捉えるために https://t.co/UR8zZ9uYoS
14:18
#詩 #心#温泉 「秘湯にて」 山の湯は若葉が 萌える それは 言うに言えない 無口な女のように 山の湯は星々が 語らい 時が止まる 何もいらない ただ このままがいい

15:40
#詩 #心#蓮 「蓮の花」 泥の中より 出る蓮の花は 決して 泥の色は してはいない 不浄の諸々を 清くするかのように そこに 凛として咲き 僕を見つめる https://t.co/kAirE8VoJ6
15:58
#詩 #心#仏様 「手を合わせる」 小さな小さな 僕は 仏様の手のひらで 日々悩み苦しみ 日々悲しみ喜こぶ 小さな小さな 僕は 煩悩に溢れて 何故か 何故かしら 手を合わせて 拝む https://t.co/xkE8YZiFHJ
15:58
RT @kumikoS11: アメブロを更新しました。 『解き放つ』 #ありのままの姿 #自己防衛 https://t.co/9NBEmTbt28