人気ブログランキングへ みみと一緒の旅行記 人気ブログランキングへ

2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

09:03
#詩 #心  「何故だと 思う気持ち」 ただ漫然と 日々は 川の流れのように 過ぎゆくけれど 節穴の眼では 目前の変わり行く 様にさえ 見え無くなる 当たり前だと 思う前に 何故だろうという 気持ちを 持ち続けていたい 何… https://t.co/YOuKJwZwYu
09:08
#詩 #心 #道 「自分の歩む道」 人が 右に行くから 右に 人が左に行くから 左に 人は人 自分の行く先は 自分で決め 自分で歩む 誰のものでもない 自分の道ならば その足で 歩いてゆけばいい https://t.co/QxHCx9BYBu
09:28
#詩 #心 #物欲 「物欲にまみれても」 あれもこれも 欲しいと 物欲は限り無く 目を覆う 物欲は 生きている 証しかもしれぬ 生きていれば 物欲が湧き上がる 身の丈の程の 生活があればいい 物欲にまみれても あの世までは… https://t.co/7G8l0cZ1VL
10:52
RT @hirohiro417: #詩 #心 #犬 #迷子 「信じている」 信じているよ 信じている 忘れていないよ 忘れてない 大好きな君のことを 君のことを 温かな 手のぬくもりを https://t.co/CFEr2x7AUT

08:20
#詩 #心 #道 「てくてくと」 てくてくと 長い道を ひたすらに 歩く てくてくと 歩く 泣いても 笑っても 自分の道ゆえ てくてくと 歩く 希望を胸に 明日へと この道を行く https://t.co/nGB05H4WYE
08:28
#詩 #心 #秋 「秋よ この胸には 風が 爽やかに 滑るように 吹き抜けたなら 秋の気配を 肌身に感じる 秋は 少しも じっとせず 仕事をこなしていく 秋はここにいる 秋は不思議なくらいに そっと佇んで その只中に 僕はいる https://t.co/vYSbMdEZtD
12:18
RT @hirohiro417: #詩#心 「昔気質」 歯の浮く お世辞も これ見よがしにの 猫撫で声で 腹の底の わからぬ親父より 渋い顔をしても 腹の底から 笑い 怒る 義理と人情を 背中にしょって 一本筋の通る そんな昔気質の 親父がいい https://t.co/…

07:44
#詩 #心 #野草 [野草の思い」 僕には 君のような 大そうな 名前等 無いけれど 野辺に生きて 誰に憚る事無く 天に向かい 頭を上げて 生きている 山の中で 雑草にまみれても 逞しく 明日を見つめて 生きてゆく https://t.co/BcKByKuZJq
07:49
#詩 #心 #野草 「雨風に耐え 野草よ」 孤独の只中に 君はいると 言う 真の友を求め 君は 奔走する 野辺の花をば 見れば ただ ひとり 雨風にさらさて 耐えて生きている https://t.co/zgDiPNhoHb
07:54
#詩 #愛 #不変 「愛は愛とて」 愛は愛とて 果物のように 腐りもせず 愛は愛とて 幾千年も 信じる 心がある限り 愛は生き続ける 愛は愛とて この身体をば 熱き流れになって 今も流れ行く https://t.co/fsxRJJ1jv2
13:57
RT @hirohiro417: #詩 #心 #女 #情念 「無口な女の絵」 無口な女が 口に出せぬ 想いをば 絵に描いたなら それは 激しくも 切なく燃えて 紅に染まる 羞恥さえも かなぐり捨て 情念の炎(ほむら)に 身をさらけだし 内なる女に 炎(ほむら)が揺れる h…

09:07
#詩 #心 #米 #農業 「ひとつぶの米に」 一粒で有ろとも 米なんだよと 物怖じせずに 米粒は 見栄を切る 一粒の米には 雨の日も 風の日も 日照りの日も じっと耐えてきた 顔がある 縁があって 僕の口に入りたる 米粒は… https://t.co/pm84siHOor
09:17
#詩 #心 #食品 「捨てられゆく食べ物に」 食べ物を 捨てるのは もったいないと 父から言われ 母からは 食べられない 人もいると言われた 無造作に 捨てられ行く 食べ物を見るたび 虚しさがこみ上げる あの 父や母の言葉を… https://t.co/JbSjzCwk6E
09:28
RT @hirohiro417: #詩 #心 「野辺の花のように」 気取らず つつましく 汗する事をいとわず 畑の隅に 凛として咲く 野辺の花のように そんな風に 生きてゆきたい https://t.co/XfSrcPNsYf

08:18
#詩 #心 #幸せ 「しあわせは」 幸せになりたいと 君は 常々言う 幸せは ふありとして 見えなくて それでいて すぐ近くにいても わからない 幸せは 誰にでも 訪れるけれど 逃がさないように するのには 努力を忘れず… https://t.co/45cMvgYYpa
09:04
#詩 #心 #幸せ #クレヨン 「しあわせのクレヨン」 幸せ色の クレヨンは もう 何処かに 無くなった 幸せ色の クレヨンは もういらない 幸せ色の クレヨンが 無くても 生きてゆける 自分の力で 幸せ色を作り出すから… https://t.co/LUkmSrUPMF
15:07
RT @hirohiro417: #詩 #心 #仕事 「ひとつの仕事に」 ただ ひとつの仕事に 一心に 打ち込んで 汗も 涙も ものともせず 楽な道を 通らず 成し遂げる そんな姿が 僕は 頼もしく思える https://t.co/ScdqzmHsN2

09:04
#詩 #心 #豊 「真の豊かさとは」 真の豊かさは お金等では 買えもしない 真の豊かさは 貧しくても 青き空のような 澄みきった 心と思う 真の豊かさは 心に身体に 染み着いて 滲み出る お金が有ろうとも 無かろうとも… https://t.co/I8UaMVeNQe
09:13
#詩 #心 #母 #おにぎり 「おかあさんのおにぎり」 ぼくね お店で売っている おにぎりより おかあさんの 手で握ってくれた おにぎりが 好きなんだよ ぷーんと 海苔の香りがしてさ ごはんが 生きているみたいで 弾けてくるよ… https://t.co/MITqWcfNZZ
17:58
RT @hirohiro417: #詩 #心 #鴎 #女 「海鳴りよ」 海鳴りが 一声泣いて あたいの心を 揺さぶったなら あたいは 鴎になって 飛びましょう あたいは 迷わず あんたの胸へ 飛びましょう https://t.co/8f8MnoaeGb

08:38
#詩 #心 #人間 「腹の奥底は」 何でも 知っている つもりでも わからぬのは 人の腹の底 それは 皆目分かりもせず どろどろとして 得体のしれない 者たちが蠢いて 見えない渦を巻く 身なりや 格好で 腹の底が 綺麗だとは… https://t.co/I5nVMseAXM
08:42
#詩 #心 #家畜  「家畜の独り言」 君らには 未来があり 希望と言う 文字が ありえる 僕らには 生まれながら 未来も 希望と言う 文字も無い 君達が 美味しいと いう影で 僕の命が 去り行くのを 知ってほしい https://t.co/j6QRnS4SRS
11:29
#詩 #心 #農業 「畑の土」 畑の土は 頑固親父のように 黙して 語らないけれど 黙っていても 土は教えてくれる 旨い作物は 汗して 涙して 苦心して 作るんだと 布団のように ふかふかの土が 出来て 美味しい 野菜が出… https://t.co/Tzc46yDjsZ
18:39
RT @hirohiro417: #詩 文字よ 僕は あなたが 思い描いて 書き出して この世に 生まれた 文字 組みあわさり 命を もらって 数多(あまた)の 人の心を 揺り動かすんだよ https://t.co/fnaodQ6YDR

15:26
#詩 #心 #浪漫 「夢を追い求める瞳」 果てしなき 夢を追い駆ける そんな きらきらとした 瞳がいい 曇る事等 忘れ 輝いて 明日を夢みる そんな 瞳がいい 返事はいらない 瞳が 素直に 挨拶してくれる https://t.co/DUlZ5qjSFf
15:44
#詩 #砂漠 #幻想 「幻想よ 熱砂に」 砂は流れ 砂は舞い 砂は蠢く 砂は 幾千年 降りつもりる 悲しみも 喜びもさえ 喰らって 幾千年 灼熱の砂に 我を忘れ 幻想の彼方へと 導かされる 幻想の中に 魅惑の美女を 見たり https://t.co/654n403MgC

07:43
#詩 #心 #夢 「浪漫の風に」 吹けば飛ぶような ちっぽけな 悩んで苦渋にし 下を向いて 顔を 引きつらせているより 見果てぬ 大きな夢を 追いかけてみたい 浪漫の風は すぐそこにある 風を斬れ 風になれ 浪漫を求めて https://t.co/ID76CupRFA
10:59
#詩 #心 #美しい 「美しき今一瞬を」 鉄は もろくも錆びて 木は 朽ちゆき腐る 人も 年々歳々 老いてゆく 人が 美しき時は 一時かもしれぬ だから 今一瞬が 美しい 僕も君も 老い行く 今この時 輝いて 花を咲かせた… https://t.co/QJ6H7Y5fZq
17:58
RT @hirohiro417: #詩 #心 #時 「時の流れ」 君が 時の本流に 身を任せるのなら 僕は ひねくれ者ゆえ 支流に 身を任せようか ひねくれた 僕には 時の支流が お似合いかもしれぬ ひねくれても 真正直でも 時は語らず 静かに流れ行く 僕には どうにも…

12:21
#詩 #心 #農業 「わが子のように」 たわわに 実る 野菜達は あの人の 努力の賜 我が子のように 毎日毎日 畑を見て回り 育てたから 一口 食べると それは あの人の 顔が浮かんで 嬉しくなる https://t.co/zvWvHrZDwM
12:41
#詩 #浪漫 #縁 「君と出合い」 今日この時 君と出会うのは 遥かなる昔より 定めし事か 僕は君に 懐かしき 想いを感じる 今はじめて 出会ったそんな 感じは無い 定めなら 定めの通り 生きて行くのもいい https://t.co/Ngch0sZOpw
14:58
#詩 #心 #空 あの広大な 空を 黙して 見ていると 狭くて 醜い 自分が分かる 空は 嘘はつかないし 小言も言わない 僕が悩もうと そんな事で 悩んでいるのかと お構いなしに 空は色を変えゆく https://t.co/8bKe9yl7Sg